正攻法でがんばるアフィリエイト入門 管理人ブログ
初心者からのアフィリエイトサイトeasybiz.jp 管理人のブログです。アフィリエイト ノウハウのメモ、最新情報、小技を掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク

あなたのホームページは広大なネットの一部であるという視点

最近、ホームページの作成というものをほとんどやったことのない人と仕事をして気づいたことがあります。

毎日インターネットを利用するような人であっても、いざ自分で作ってみると、自分が普段どのようにネットを利用しているかを見失ってしまい、スタンダードとは言いがたい発想をしてしまうようです。

大事なのは、自分のホームページはネット全体の一部であるという意識を持って作成するということです。

作成する際の意識的な問題なのですが、ネットのコンテンツは本や雑誌とは違うという前提を持っていると、ホームページをどう構成すべきかを考えやすくなります。

本とネットのコンテンツの違い

読書を良くする人ほど、常識を捨てる必要があります。

本は明確に一つのモノです。途中のページを読み飛ばすことはあっても、前後が続いているという意識で読みます。雑誌の場合は、多少事情が異なりますが、それでも、同時に何冊もの雑誌を並べて、いろいろなページを飛び飛びに読むようなことはあまりしません。

ところがホームページはそうではありません。別のホームページと行ったり来たりができ、別のホームページとの境界が曖昧です。

ホームページを作りなれていない人は、どうやらここの意識が違い、お客さんは必ず自分の思ったとおりの順に読んでくれるという思い込みを持ってしまうようです。

あなたのホームページにアクセスする人で、トップページから順に全てのページを読んでくれる人は少数派で、トップページ以外のページに偶然アクセスし、そこから数ページ見て帰っていく人が多数派です。

この辺りの意識を変えると、検索エンジンの検索結果や他のホームページからのリンクからアクセスしてくれる人を意識してホームページを作ると、訪問者を増やし、直帰率を下げることに繋がります。

こういったことを考慮できるかは、アフィリエイトの収入にも当然影響します。

アクセス数を無駄にするホームページの構成

以下のようなホームページの作り方は、アクセスしづらいものにするか、せっかくアクセスしてくれた人を逃がしてしまう典型です。

順に見ないと意味がわからないページがある

ホームページへの訪問者が、最初のページから順を追って読んでくれると思ってはいけません。

訪問者にとっては、あなたのホームページ内のどのページも玄関です

ページごとに内容を完結させるようにしましょう。

どこかのページからの途中であるために読んでも意味がわからないページを存在させると、そこにアクセスしてきた人は、他のページを一切見ずに帰ってしまうかもしれません。お客さんを取り逃がす可能性が高いです。

トップページを見ないと何に関連したホームページなのかわからない

どのページにアクセスされても、ホームページ全体のテーマがすぐにわかるようにするということを心がけましょう。

これにより、ページビュー(一人のお客さんが何ページも読む)が高まります。各ページの上部に、ホームページのタイトル画像を入れたり、キャッチフレーズ的な文章が見える位置にあるようにすると良いです。

他のページへのリンクがないページが存在する

上の内容と似ていますが、ホームページ内の他ページへのリンクが一切ないページが存在すると損です。

普通の人は、『トップページに戻る』というようなリンクくらいは作るでしょう。

しかし、やってしまいがちなのは、フレームによるページ構成です。

メニュー部分とコンテンツ部分をフレームで作成して分けてしまうと、検索エンジンの結果などからコンテンツ用のページにアクセスされると、どのページにも行けない状態にしてしまいます。インラインフレームも同様です。

また、JavaScriptによるポップアップで表示させるために作ったページにたまたまアクセスされると、どのページにも行けない状態が起こります。基本的に心証も良くないのでポップアップ表示は避けるべきです。

そもそもダイレクトに各ページへ行けない・行きにくい

フレームを使うことによる問題のもう一つがこれです。

フレームを使うと、訪問者がURLをコピーペーストしにくいために、他のホームページで紹介してもらえる可能性を下げてしまいます。

フレーム以外では、最近は少なくなりましたが、『リンクはトップページにお願いします。』などのお願いの文言をいれて、リンクの自由を制限してしまうのも良くありません。

基本的にページ数が多いほど、外部からのリンクや、検索エンジンの結果への表示が増え、集客力が増すはずなのに、自らリンクを張られる可能性を下げてしまうのは、勿体ないです。

スポンサーサイト
人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:1

<<アフィリエイトの成功例・失敗例のまとめ | アフィリエイト入門管理人ブログ ホーム | 公開から2週間で1日のPVが600を超えるサイト>>

コメント

なるほど

非常に参考になりました。SEOをもう少し考慮してサイトのデザインを変更してみようと思います。
  1. URL |
  2. 2007/09/08(土) 01:17:14 |
  3. あれはんどろ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

※多数のブログに同じような文面で大量に投稿しているコメントはspamとみなして削除させていただきます。ご了承ください。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ebj.blog103.fc2.com/tb.php/38-97dc9082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
※記事中にこのエントリへの言及がないトラックバックは拒否する設定になっています。

広告主を見つける

>>自分のサイトの広告主を探そう
私自身は多数のASP(アフィリエイト サービス プロバイダ)に登録していますが、大手ASPで、ツール等の使...【続きを読む

スポンサード リンク

カテゴリー

最近の記事

[全記事一覧]

月別アーカイブ

タグリスト

アフィリエイト ホームページ作成 SEO ブログ Google ドメイン アクセスアップ 売上アップ コンテスト ツール PHP CGI ASP メディア 集客 ネット広告 AdSense Yahoo 情報商材 Amazon 

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お勧めアフィリエイト本

アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法
アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法

アフィリエイトSEO対策テクニック
アフィリエイトSEO対策テクニック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。