正攻法でがんばるアフィリエイト入門 管理人ブログ

初心者からのアフィリエイトサイトeasybiz.jp 管理人のブログです。アフィリエイト ノウハウのメモ、最新情報、小技を掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク

あなたのホームページは広大なネットの一部であるという視点

最近、ホームページの作成というものをほとんどやったことのない人と仕事をして気づいたことがあります。

毎日インターネットを利用するような人であっても、いざ自分で作ってみると、自分が普段どのようにネットを利用しているかを見失ってしまい、スタンダードとは言いがたい発想をしてしまうようです。

大事なのは、自分のホームページはネット全体の一部であるという意識を持って作成するということです。

作成する際の意識的な問題なのですが、ネットのコンテンツは本や雑誌とは違うという前提を持っていると、ホームページをどう構成すべきかを考えやすくなります。

本とネットのコンテンツの違い

読書を良くする人ほど、常識を捨てる必要があります。

本は明確に一つのモノです。途中のページを読み飛ばすことはあっても、前後が続いているという意識で読みます。雑誌の場合は、多少事情が異なりますが、それでも、同時に何冊もの雑誌を並べて、いろいろなページを飛び飛びに読むようなことはあまりしません。

ところがホームページはそうではありません。別のホームページと行ったり来たりができ、別のホームページとの境界が曖昧です。

ホームページを作りなれていない人は、どうやらここの意識が違い、お客さんは必ず自分の思ったとおりの順に読んでくれるという思い込みを持ってしまうようです。

あなたのホームページにアクセスする人で、トップページから順に全てのページを読んでくれる人は少数派で、トップページ以外のページに偶然アクセスし、そこから数ページ見て帰っていく人が多数派です。

この辺りの意識を変えると、検索エンジンの検索結果や他のホームページからのリンクからアクセスしてくれる人を意識してホームページを作ると、訪問者を増やし、直帰率を下げることに繋がります。

こういったことを考慮できるかは、アフィリエイトの収入にも当然影響します。

アクセス数を無駄にするホームページの構成

以下のようなホームページの作り方は、アクセスしづらいものにするか、せっかくアクセスしてくれた人を逃がしてしまう典型です。

順に見ないと意味がわからないページがある

ホームページへの訪問者が、最初のページから順を追って読んでくれると思ってはいけません。

訪問者にとっては、あなたのホームページ内のどのページも玄関です

ページごとに内容を完結させるようにしましょう。

どこかのページからの途中であるために読んでも意味がわからないページを存在させると、そこにアクセスしてきた人は、他のページを一切見ずに帰ってしまうかもしれません。お客さんを取り逃がす可能性が高いです。

トップページを見ないと何に関連したホームページなのかわからない

どのページにアクセスされても、ホームページ全体のテーマがすぐにわかるようにするということを心がけましょう。

これにより、ページビュー(一人のお客さんが何ページも読む)が高まります。各ページの上部に、ホームページのタイトル画像を入れたり、キャッチフレーズ的な文章が見える位置にあるようにすると良いです。

他のページへのリンクがないページが存在する

上の内容と似ていますが、ホームページ内の他ページへのリンクが一切ないページが存在すると損です。

普通の人は、『トップページに戻る』というようなリンクくらいは作るでしょう。

しかし、やってしまいがちなのは、フレームによるページ構成です。

メニュー部分とコンテンツ部分をフレームで作成して分けてしまうと、検索エンジンの結果などからコンテンツ用のページにアクセスされると、どのページにも行けない状態にしてしまいます。インラインフレームも同様です。

また、JavaScriptによるポップアップで表示させるために作ったページにたまたまアクセスされると、どのページにも行けない状態が起こります。基本的に心証も良くないのでポップアップ表示は避けるべきです。

そもそもダイレクトに各ページへ行けない・行きにくい

フレームを使うことによる問題のもう一つがこれです。

フレームを使うと、訪問者がURLをコピーペーストしにくいために、他のホームページで紹介してもらえる可能性を下げてしまいます。

フレーム以外では、最近は少なくなりましたが、『リンクはトップページにお願いします。』などのお願いの文言をいれて、リンクの自由を制限してしまうのも良くありません。

基本的にページ数が多いほど、外部からのリンクや、検索エンジンの結果への表示が増え、集客力が増すはずなのに、自らリンクを張られる可能性を下げてしまうのは、勿体ないです。

スポンサーサイト
人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:1

日本語ドメインを使ってSEO?

独自ドメインを取るときに見落としがちな注意点』で書いた「日本語ドメインは不利」という記述に、日本語ドメイン未対応のブラウザであってもYahoo!やGoogleの検索結果からアクセス可能なので有利であるという意味のつっこみをいただいたので、追記的な記事です。

日本語ドメイン

私は、そのことに関して存じ上げなかったわけではなく、Internet Explorer 6では日本語ドメインのホームページにはどうやってもアクセスできないということを書いたつもりもないのですが、ご指摘いただいたように、確かにそう読んでしまう方がいてもおかしくはないので補足しておこうと思います。

Punycode

現在の日本語ドメインの取り決めは、アルファベットが前提だったシステムに影響を与えないように、日本語と日本語をアルファベットで符号化した形式とを一対一で対応付けて、新たな規則で変換しなくても済むようになっています。

たとえば、「アフィリエイト入門」という日本語を符号化すると、「xn--cckcdp5nyc8gt58ykdxh」 というxn--から始まる文字列になります。この特定の規則での符号化をPunycodeと呼びます。

これは取り決めにより可逆的な符号化なので逆変換が可能です。日本語ドメインに対応したWebブラウザは、「アフィリエイト入門」と「xn--cckcdp5nyc8gt58ykdxh」という文字列は同じものとして扱うことができるというわけです。

逆に日本語ドメインに未対応のWebブラウザは、この「アフィリエイト入門」と「xn--cckcdp5nyc8gt58ykdxh」を変換できません。要するに変換できないために未対応と言われます。ただし、日本語ドメイン未対応のブラウザであっても「xn--cckcdp5nyc8gt58ykdxh」というPunycodeでの表記であれば、正常にホームページへのアクセスが可能となります。

なお、文字列のPunycodeへの変換と逆変換の結果は下記サイトでできます。

日本語JPドメイン名のPunycode変換・逆変換 - 日本語.jp

実際にサブドメインでやってみた

実際に私のホームページ内にPunycodeのサブドメインを作ってみました。

http://アフィリエイト入門.easybiz.jp/

上記のアドレスが作成したサブドメインです。

Punycodeで書くと、

http://xn--cckcdp5nyc8gt58ykdxh.easybiz.jp/

になります。

Internet Explorer 6

Internet Explorer 6では、http://アフィリエイト入門.easybiz.jp/ とアドレス欄に入れてもアクセスできませんが、http://xn--cckcdp5nyc8gt58ykdxh.easybiz.jp/ であればアクセス可能です。

Internet Explorer 7

Internet Explorer 7では、両方ともアクセス可能ですし、Punycodeで入力しても自動で日本語表記に変換してくれます。

検索エンジンはPunycodeで検索結果を出力する

さて、ここで最初の話に戻ります。

Yahoo!やGoogleは、日本語ドメインを正常に扱ってくれており、検索結果のハイパーリンクはPunycodeでのアドレスを出力しています。つまり、Internet Explorer 6など、日本語ドメイン未対応のWebブラウザを使う人でも、検索エンジンの検索結果からアクセスが可能です。

URLに含まれるキーワードに対するSEO効果があり、かつ、未対応ブラウザであっても検索結果からのアクセスは可能なことから、日本語ドメインに一定の意味はあるということが言えます。

では日本語ドメインの何が不利だというのか

では、何が不利なのかということについてです。

ユーザーがWebブラウザのアドレス欄にURLを直接入力することは多くはありません。考え方によっては無視しても良いかもしれません。

しかし、アドレス欄に表示されるURLをコピーしてどこかに貼り付けるなどの行為をする可能性があります。そのユーザーが使用しているブラウザが、日本語ドメインに対応しているかどうかはわかりません。そのままの日本語表記を使ってくれるのかPunycodeによる表記を使ってくれるのかがわからないということです。

また、そのアドレスを貼り付けられたり、そこから自動でアドレスを拾ったりするWeb上のサービスが、正しく日本語ドメインを扱ってくれるとは限らないので、ネット上に広まりにくいということになってしまいます。

こうして被リンクが犠牲になってしまう可能性を考えると、URLに日本語を含めてSEO効果を得たいのであれば、ドメインよりもディレクトリやファイル名にURLエンコーディングした日本語を含めた方が良いと、私は考えています。

間違いがあればご指摘ください。


それでも日本語化したい方へ

そうは言ったものの、日本語ドメインにキーワードを含めることによるSEOは、Googleにはあまり効果がありませんが、Yahoo!ではもはや不自然なくらいに効いています。(2007年7月時点)

日本語ドメインの欠点を知り、かつ、いつまで効力があるのかわからないということを知った上で、Yahoo!でのSEO効果を狙って使いたいというのであれば、上で私がやったようにサブドメインを使用することをお勧めします。簡単に取替えが効くので駄目になったときのダメージが比較的少ないからです。(駄目になったらHTTP 301(恒久的な移動)のレスポンスで引っ越したことにしてサブドメインを変えれば良い)

やり方は、日本語JPドメイン名のPunycode変換・逆変換 - 日本語.jpでPunycodeに変換した結果をサブドメインとして設定するだけです。

ロリポップ!の独自ドメインプランなどの、サブドメインを自由に増やせて、xn-- から始まる文字列を設定できるレンタルサーバーであれば簡単です。

しかし、大量にサブドメインによる玄関ページを作るようなことをするとspam判定されかねませんので、ご注意ください。

人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:1 | コメント:0

独自ドメインを取るときに見落としがちな注意点

本気で取り組むサイトであれば、あとになってからドメインを取っていて良かったと思うはずです。独自ドメインの取得は、難しくはありませんし、維持費も大したものではありません。

ドメイン

(この記事は『独自ドメインでホームページを作るメリットとデメリット』からの続きです。)

何というドメインを取るか

ドメインは自分の好きな言葉で取ってしまって構いません。基本的には早い者勝ちです。

ドメイン検索などで、取りたいドメインが空いているかを調べることができます。

なるべくわかりやすいドメインを探しましょう。

com、net、jpなどのトップレベルドメインは、値段と語感、知名度などを考慮した上でお好みで良いと思います。

URLに含まれる文字列も検索エンジンの検索対象となります。検索キーワードを含むドメインであれば、SEOの効果が得られます。

ただし、日本語サイトの場合はアルファベットで検索されることは少ないので、効力は少ないですし、サブドメインやディレクトリ名でも代替可能なので、無理に意識することはないかもしれません。

トラブルになりそうなドメインは避ける

実在の企業名、既存製品やサービスなどと、同一、または紛らわしいドメインはトラブルになりかねないので、事前に検索エンジンを使って調査し、できるだけ避けましょう。

自分に悪意がなくても、クレームを付けられると面倒です。

特に商標登録されている語句は避けた方が良いでしょう。商標は下記サイトで調べることができます。
独立行政法人 工業所有権情報・研修館:特許電子図書館サービス一覧

日本語ドメインは不利

現在では、日本語ドメインというものがあり、○○○.jp の○○○の部分に、漢字やひらがななどの日本語の文字を使うことができます。しかし、日本語ドメインはやめましょう。

日本語ドメインに、SEO効果はありますが、デメリットが大きいからです。

理由の一つは、日本語ドメインに対応していないWebブラウザ(プラグイン未導入のInternet Explorer 6以下など)を使っている人が多いことです。このために訪問者を減らしてしまうのはもったいないです。

もう一つは、外部からリンクを張られにくいことです。また、URLを回収する類の様々なWeb上のプログラムの対応は十分とは言えません。

現時点では日本語ドメインはやめておきましょう。

ドメインの取得とレンタルサーバーは別々の事業者に頼もう

レンタルサーバーの契約時に無料でドメインを取得できるところもありますが、できればサーバーの契約とドメインの契約は別のサービスに依頼した方が良いです。レンタルサーバーを変えたくなったときに、面倒がないからです。

レンタルサーバーを変更する際に、レジストラ・トランスファー(ドメイン移管:ドメイン登録業者の変更)を行う事態になると、自分で旧事業者と新事業者の両方と連絡を取って、タイミングよく契約する必要があり、行き違いがないようにやりとりする手間がかかります。

ドメインを別の事業者で取っておくと、こうした心配がありません。

(また、レンタルサーバーのドメイン登録サービスは、最初は無料のところでも、翌年以降の料金が高い場合がありますので、利用する場合は翌年以降の料金も検討してください。)

ドメインの取得だけを行いたい場合は、下記のサービスがあります。

設定が難しいと思われるかもしれませんが、通常は、上記のサービスでドメインを取得して、レンタルサーバーが用意できた段階でネームサーバーの変更(レンタルサーバーの事業者が指定してくるDNSサーバーのアドレスを入力する)を行うだけです。

図入りで説明があるので、初心者の方でも何とかなると思いますよ。不安な方は事前に上記のホームページで解説を読んでみてください。

最初は格安のレンタルサーバーで十分

ホームページ開設当初に使用するレンタルサーバーは、格安のロリポップ!などで十分です。

最初からサーバーへの負荷が高いホームページを運営する場合は別ですが、一般的なHTMLファイルや画像ファイルを置く用途に使ったり、個人サイトで使用する程度であればブログやXOOPS等のCMSアプリケーションを実行したりする場合でも、格安のサーバーで大丈夫です。

アクセス数が膨大になったり、機能に満足できなくなった段階で上位のサービスを検討すれば良いです。

追記:日本語ドメインに関して補足の記事を書きました。
日本語ドメインを使ってSEO?

人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:1

| アフィリエイト入門管理人ブログ ホーム | 次のページ>>

広告主を見つける

>>自分のサイトの広告主を探そう
私自身は多数のASP(アフィリエイト サービス プロバイダ)に登録していますが、大手ASPで、ツール等の使...【続きを読む

スポンサード リンク

カテゴリー

最近の記事

[全記事一覧]

月別アーカイブ

タグリスト

アフィリエイト ホームページ作成 SEO ブログ Google ドメイン アクセスアップ 売上アップ コンテスト ツール PHP CGI ASP メディア 集客 ネット広告 AdSense Yahoo 情報商材 Amazon 

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お勧めアフィリエイト本

アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法
アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法

アフィリエイトSEO対策テクニック
アフィリエイトSEO対策テクニック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。