正攻法でがんばるアフィリエイト入門 管理人ブログ

初心者からのアフィリエイトサイトeasybiz.jp 管理人のブログです。アフィリエイト ノウハウのメモ、最新情報、小技を掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク

日本語ドメインを使ってSEO?

独自ドメインを取るときに見落としがちな注意点』で書いた「日本語ドメインは不利」という記述に、日本語ドメイン未対応のブラウザであってもYahoo!やGoogleの検索結果からアクセス可能なので有利であるという意味のつっこみをいただいたので、追記的な記事です。

日本語ドメイン

私は、そのことに関して存じ上げなかったわけではなく、Internet Explorer 6では日本語ドメインのホームページにはどうやってもアクセスできないということを書いたつもりもないのですが、ご指摘いただいたように、確かにそう読んでしまう方がいてもおかしくはないので補足しておこうと思います。

Punycode

現在の日本語ドメインの取り決めは、アルファベットが前提だったシステムに影響を与えないように、日本語と日本語をアルファベットで符号化した形式とを一対一で対応付けて、新たな規則で変換しなくても済むようになっています。

たとえば、「アフィリエイト入門」という日本語を符号化すると、「xn--cckcdp5nyc8gt58ykdxh」 というxn--から始まる文字列になります。この特定の規則での符号化をPunycodeと呼びます。

これは取り決めにより可逆的な符号化なので逆変換が可能です。日本語ドメインに対応したWebブラウザは、「アフィリエイト入門」と「xn--cckcdp5nyc8gt58ykdxh」という文字列は同じものとして扱うことができるというわけです。

逆に日本語ドメインに未対応のWebブラウザは、この「アフィリエイト入門」と「xn--cckcdp5nyc8gt58ykdxh」を変換できません。要するに変換できないために未対応と言われます。ただし、日本語ドメイン未対応のブラウザであっても「xn--cckcdp5nyc8gt58ykdxh」というPunycodeでの表記であれば、正常にホームページへのアクセスが可能となります。

なお、文字列のPunycodeへの変換と逆変換の結果は下記サイトでできます。

日本語JPドメイン名のPunycode変換・逆変換 - 日本語.jp

実際にサブドメインでやってみた

実際に私のホームページ内にPunycodeのサブドメインを作ってみました。

http://アフィリエイト入門.easybiz.jp/

上記のアドレスが作成したサブドメインです。

Punycodeで書くと、

http://xn--cckcdp5nyc8gt58ykdxh.easybiz.jp/

になります。

Internet Explorer 6

Internet Explorer 6では、http://アフィリエイト入門.easybiz.jp/ とアドレス欄に入れてもアクセスできませんが、http://xn--cckcdp5nyc8gt58ykdxh.easybiz.jp/ であればアクセス可能です。

Internet Explorer 7

Internet Explorer 7では、両方ともアクセス可能ですし、Punycodeで入力しても自動で日本語表記に変換してくれます。

検索エンジンはPunycodeで検索結果を出力する

さて、ここで最初の話に戻ります。

Yahoo!やGoogleは、日本語ドメインを正常に扱ってくれており、検索結果のハイパーリンクはPunycodeでのアドレスを出力しています。つまり、Internet Explorer 6など、日本語ドメイン未対応のWebブラウザを使う人でも、検索エンジンの検索結果からアクセスが可能です。

URLに含まれるキーワードに対するSEO効果があり、かつ、未対応ブラウザであっても検索結果からのアクセスは可能なことから、日本語ドメインに一定の意味はあるということが言えます。

では日本語ドメインの何が不利だというのか

では、何が不利なのかということについてです。

ユーザーがWebブラウザのアドレス欄にURLを直接入力することは多くはありません。考え方によっては無視しても良いかもしれません。

しかし、アドレス欄に表示されるURLをコピーしてどこかに貼り付けるなどの行為をする可能性があります。そのユーザーが使用しているブラウザが、日本語ドメインに対応しているかどうかはわかりません。そのままの日本語表記を使ってくれるのかPunycodeによる表記を使ってくれるのかがわからないということです。

また、そのアドレスを貼り付けられたり、そこから自動でアドレスを拾ったりするWeb上のサービスが、正しく日本語ドメインを扱ってくれるとは限らないので、ネット上に広まりにくいということになってしまいます。

こうして被リンクが犠牲になってしまう可能性を考えると、URLに日本語を含めてSEO効果を得たいのであれば、ドメインよりもディレクトリやファイル名にURLエンコーディングした日本語を含めた方が良いと、私は考えています。

間違いがあればご指摘ください。


それでも日本語化したい方へ

そうは言ったものの、日本語ドメインにキーワードを含めることによるSEOは、Googleにはあまり効果がありませんが、Yahoo!ではもはや不自然なくらいに効いています。(2007年7月時点)

日本語ドメインの欠点を知り、かつ、いつまで効力があるのかわからないということを知った上で、Yahoo!でのSEO効果を狙って使いたいというのであれば、上で私がやったようにサブドメインを使用することをお勧めします。簡単に取替えが効くので駄目になったときのダメージが比較的少ないからです。(駄目になったらHTTP 301(恒久的な移動)のレスポンスで引っ越したことにしてサブドメインを変えれば良い)

やり方は、日本語JPドメイン名のPunycode変換・逆変換 - 日本語.jpでPunycodeに変換した結果をサブドメインとして設定するだけです。

ロリポップ!の独自ドメインプランなどの、サブドメインを自由に増やせて、xn-- から始まる文字列を設定できるレンタルサーバーであれば簡単です。

しかし、大量にサブドメインによる玄関ページを作るようなことをするとspam判定されかねませんので、ご注意ください。

スポンサーサイト
人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:1 | コメント:0

アクセスアップのためのブログランキングへの参加の仕方

アクセスアップの常套手段 ランキングサイトへの参加

アクセスランキングサイトへの登録は、無料で行えるアクセスアップの常套手段ですので、取り入れていない方は検討してみると良いでしょう。

ブログランキングサイト

ブログを運営している場合は、数多くのブログランキングサイトがありますので、どこが良いのか比べてみてください。

通常、導入方法は好みのランキングサイトに登録して指定されたURLへのリンクを張るだけです。

代表的なブログランキングサイト

ブログランキングサイトには以下のようなものがあります。

人気ブログランキング

人気ブログランキングは、この分野のメジャーなサイトです。よく見かけますね。

にほんブログ村

にほんブログ村は、ランキングサイトでもあり、トラックバックステーション的な機能があるブログポータルサイトでもあります。ランキングへの参加もでき、関連のあるトラックバックコミュニティにトラックバックを送信することができます。

FC2ブログランキング

FC2ブログランキングは、その名の通り、FC2が運営するランキングサイトです。
(導入方法は、FC2ブログランキングに参加する|FC2ブログ公式マニュアルをご参照ください。)

ブログランキング ドット ネット

ブログランキング ドット ネットも、導入している人が多いですね。現在何位であるか、自分のサイトに表示することができます。

ランキングサイトの選び方

普通は、どれだけのお客さんがランキングサイトへのリンクをクリックしたかでランクが決まります。自分のサイトに多くのリンクを掲載しても、分散してしまいます。どこを優先的に使うのか、絞った方が効率が良いです。

適当に登録しても構いませんが、効率的に使いたいと思うのであれば、サブカテゴリレベルでライバルが弱いところを選ぶと良いでしょう。

メジャーなランキングサイト・カテゴリの下位にランキングされるよりも、マイナーなランキングサイト・カテゴリの上位(できれば1ページ目)に表示された方が、自分のサイトを見てもらえる可能性が高くなります。

実際に登録したいカテゴリにいるライバルを確認して、どこのランキングサイトのどのカテゴリをメインに使うかを決めましょう。

ただし、ランキングサイトによっては、各登録サイトの紹介ページが用意されていることもあります。そのため、ランク外になってしまっても、検索エンジンに拾われる可能性がありますし、被リンクも増えますので、紹介ページに載せてもらえるだけでもメリットがあると考えることもできます。

また、更新PINGを送ることで、登録サイトの最新の記事が表示されるところも多いので、登録するだけで得です。
(更新PINGについては、『更新PINGで検索エンジンに更新を知らせる』をご覧ください。)

そういうわけで、優先的に使いたいランキングサイトへのリンクを目立つようにして、他はひっそりリンクを張るというのが良いかもしれませんね。

人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:0

SEOとネット利用者を意識した集客力のあるタイトルを付ける方法

ホームページのタイトル

タイトル

今日はホームページのタイトルのお話です。

今回扱いたいタイトルとは、Internet Explorerなどの大抵のWebブラウザでウィンドウの上部のタイトルバーに表示されるタイトルのことで、HTMLでは

<title>ここにページのタイトル</title>
で記述するタイトルのことです。皆様は、どのように自分のページのタイトルをつけていますか?

検索エンジンとWebページのタイトル

さて、突然ですが、今、私がWindows Vistaのインストールされた新しいパソコンの購入を検討していると仮定します。

Googleで「windows vista パソコン」というキーワードで検索した結果

そこで、私はインターネットで情報を探すために「windows vista パソコン」というキーワードで検索します。実際の検索結果を見てみましょう。

Googleで「windows vista パソコン」というキーワードで検索した結果を表示

この検索結果を見て、何かお気づきになりませんか?

検索エンジンはタイトルを重視する

検索エンジンの、検索結果の一覧にはそのページのタイトルが表示されています。

そして、この結果をよくよく見るとタイトルには検索したキーワードが含まれているケースが多いということがおわかりですか? 太字になっているのが検索したキーワードです。

実は、検索エンジンは、キーワードに関連したページを選ぶときにタイトルをかなりの程度重視しています。

検索エンジンのこの仕組みは妥当性がありますよね? 作文でも何でも一般的にページのタイトルにはページの内容を端的にあらわすものを付けるはずです。

SEO(検索エンジン最適化)という観点で考えると、検索エンジンの利用者が入力した特定のキーワードで自分の作ったページを表示してもらいたいのであれば、タイトルにそのキーワードを含ませるべきだということが言えます。

タイトルだけで、検索エンジンでの表示順位が決まるというわけではありませんが、タイトルは外部的な要因ではなく自分で付けられるのですから、まず工夫すべきです。

人間の目もタイトルを重視する

今、私はWindows Vistaのインストールされた新しいパソコンの情報を探している人です。私は、さきほどの検索結果ではどのページをクリックして開くと思いますか?

上位に表示されているものでも、

  • 窓の杜 - 【NEWS】MS、パソコンの“Windows Vista対応度”を診断できる ...
  • 「憤りを感じる」--Windows Vista延期でパソコン業界に混乱広がる:ITpro
などのページは、少しは知りたい情報のようにも思えますが、パソコンの購入には直接関係なさそうに思えます。

逆に、

  • Vista対応パソコンを今すぐ買うなら,ハードウエアをどう選ぶ?:ITpro
  • Windows Vista 発売は2006年末 損をしないノートパソコン選び ...
この辺りの情報は、購入するのと大いに関連がありそうではないでしょうか? ここには知りたい情報がありそうです。

検索エンジンを利用する人は、こういう判断をタイトルを見ただけで瞬時にして行い、閲覧するページを決めます。逐一すべてのページを開いて確認する人はいません。

これはつまりは、検索エンジン利用者が実際の中身を見る前の段階で、勝負が決まってしまうということです。

検索エンジン以外からのリンク

ホームページの作成者が外部のホームページにリンクする場合、そこに付けられたタイトルをそのまま使って紹介することが多いです。

各種のランキングサイトや人気のブログを扱うホームページなどの最近更新された一覧にもタイトルが用いられて、リンクが張られることが多いです。

この場合でも、タイトルで見るか見ないかの判断をされてしまう可能性が高いはずです。

自分のホームページ内でも、タイトルでリンクを張ることが多いはずです。適切なタイトルであれば、ホームページ内で訪問者の方が迷ってしまうことも少なくなり利便性が増します。

さらに、アンカーテキストマッチと呼ばれる仕組みなのですが、検索エンジンは、あるページが何というキーワードで他のページからリンクされているかによって、ページとキーワードの関連性の高さを分析しています。

タイトルでリンクされることが多いということから、タイトルとキーワードがなるべく一致させておくことで、SEOの効果が得られる可能性が高くなると言えます。

悪いタイトルの付け方

安易に「良いものを見つけました!」とか、「私のお気に入りの商品」などのページタイトルを付けていませんか?

これらは、検索エンジンの仕組みから言っても、人間の目で見た判断から言っても、良くないタイトルだということは、今までの話からわかりますよね?

検索エンジンに候補として扱ってもらえる可能性が低く、人間が見ても何のことが書かれたページなのかわかりづらくスルーされてしまうことが多いでしょう。

ズバリの商品名など書かない方が、内容を気にしてもらえるのではないかと考えてしまう気持ちはわかります。しかし、インターネットの利用者は基本的に短気です。好奇心を煽るにしてもタイトルで情報を明らかにすべきなのです。

良いタイトルの付け方

実際に、どのようなタイトルが良いのでしょうか?

内容を端的に表すタイトル

基本は、内容とマッチしていて、内容を読まずとも推測できるようなタイトルです。まずは、わかりやすさが大切ですね。

検索されそうなキーワードを考慮したタイトル

検索エンジンで候補選びに使われそうなキーワードを含んでいると、検索エンジン経由での訪問者が増える可能性があります。実際には、複数キーワードでの検索を意識したり、ページ内の文章の中にあるキーワードも意識すると効果が高いですが、まずは、何というキーワードで検索されるのかを、意識できるようになりましょう。

疑問系や省略で好奇心を煽る

やりすぎは良くありませんが、人間の目にとまったときに好奇心を煽るようなタイトルの付け方です。

「健康器具○○○を使った効果か?」とか、「健康器具○○○でダイエットに挑戦したところ…」などの書き方ですね。

各ページのタイトルだけでなく、サイトそのもののタイトルも露出の機会が多いので、よくよく考えましょうね。サイトのタイトルだけで、何関連のサイトなのかをわかるようにした方が良いですよ。

ブログのページタイトル

細かいことなのですが、ブログのページタイトルの場合、
「ブログ名 記事名」
という形式でならんでいるテンプレートが多いようです。

ブログ名が長いと後ろが省略されてしまう可能性が高いので、テンプレートを編集して
「記事名 ブログ名」
の形式にするか、記事名だけにした方が、人の目にはとまりやすくなると思います。 眞鍋かをりのブログのように「ブログ名で集客できる!」という場合は別ですが…。

ここFC2ブログの場合だと、テンプレートのHTMLを

<title><%blog_name> <%sub_title></title>
ではなく、
<title><%sub_title> <%blog_name></title>
に変えればOKです。

安易に付けずに工夫を

実際に検索エンジンや人間の目から見てどうかなどのあらゆる可能性を考慮してタイトルを付けるのは難しいです。

しかし、工夫をまったくしないのはもったいないです。一種のキャッチフレーズを考えるような気持ちで、良いタイトルを付けることを心がけましょう。

人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:0

| アフィリエイト入門管理人ブログ ホーム | 次のページ>>

広告主を見つける

>>自分のサイトの広告主を探そう
私自身は多数のASP(アフィリエイト サービス プロバイダ)に登録していますが、大手ASPで、ツール等の使...【続きを読む

スポンサード リンク

カテゴリー

最近の記事

[全記事一覧]

月別アーカイブ

タグリスト

アフィリエイト ホームページ作成 SEO ブログ Google ドメイン アクセスアップ 売上アップ コンテスト ツール PHP CGI ASP メディア 集客 ネット広告 AdSense Yahoo 情報商材 Amazon 

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お勧めアフィリエイト本

アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法
アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法

アフィリエイトSEO対策テクニック
アフィリエイトSEO対策テクニック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。