正攻法でがんばるアフィリエイト入門 管理人ブログ

初心者からのアフィリエイトサイトeasybiz.jp 管理人のブログです。アフィリエイト ノウハウのメモ、最新情報、小技を掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク

挫折しないためのサイト作成計画

アフィリエイトの成功例』のようなサイトを作成するためには、少なくとも半年から一年に渡るサイトの作成計画を作っておくと良いです。

成功しているサイトは、確かにコンテンツがしっかりしています。しかし、どうやっても常人には手が届かないような離れ業というものでもないですよね?

安定した収益のために目指すべきところ

実際に稼げるアフィリエイトサイトは、大量の良質コンテンツを持っています。ほとんど単純な力技と言え、非常に手間がかかりますが、それでもこのやり方は理にかなっています。

理由は単純です。

まずは、当たり前の話ですが、大量の良質コンテンツがあるということ自体が、お客さんを引き付ける要因になりリピーター(ファン)の獲得に役立ちます。また、頼まなくてもリンクしてくれる人が少なからず出てきます。

そして、大量のコンテンツを備えること(すなわち、多くのページ数があること)が、結果として検索エンジン経由でのお客さんを増やすことになります。

なぜなら、大量のページ、それにある程度まとまった量の文章があることで、いろいろなキーワードでの検索結果に表示される機会が増すからです。

ほとんどのインターネットユーザーが、検索エンジンを使って情報を探していることを考えると、これはバカにできません。アクセス解析ツールを導入してみるとわかりますが、サイトへの訪問者の大多数が検索エンジン経由でのアクセスです。

相互リンクや、小手先技のHTMLの改良によるSEOスキルを駆使するにしても、まずはまとまったコンテンツがなければ話になりません。何を差し置いてもまとまったページ数を用意するべきです。

もちろん、訪問者に興味のある情報がなければ、すぐに立ち去られてしまうので、テーマを統一し、訪問者にとって必要な情報があるということが前提です。つまりは、同一テーマで良質コンテンツ、まとまったページ数が基本です。

目標に向かっての計画立て

さて、私は、検索エンジンからの訪問者を効率良く招き入れるためには、少なくとも100~200のページ数は必要だと考えています。

そこまでのサイトを築き上げるには、どうしても時間がかかります。

飽きてやめてしまっては、元も子もありませんので、事前に計画を立てて、サイト作成自体を習慣化することをお勧めします。

現実的で無理のない計画でなければ破綻しますし、そもそも現実的ではない計画は計画とは呼べませんので、どの程度の時間を割くことができて、おおまかにでもどういう情報を掲載していくのかをあらかじめ考えて、書き留めておくと無難です(紙でもパソコン上のファイルでも良いです)。

途中で計画の修正が必要になることもありえますが、当初は無理のない計画を少しずつ実行していくことにしましょう。

計画書が挫折を防ぐ

サイト開設当初は、アクセス数は悲しいほどに少ないですし、アフィリエイトの収益だって無いに等しいものです。

でも、これは当然ですから、嘆いていても意味はありません。ここで失敗だと判断してやめてはいけません。何も達成できていないのですから、本当は失敗でさえない状態です。

計画を立てて作成し、「まだ作成途中なんだ」という認識ができていれば、サイト開設当初にアクセス数が少ないことを、あまり気にせずに済みます。

また、計画があるとサイトのテーマのぶれが少なくなるという面でも良いです。最初は、簡単なものでも良いので、計画書のようなものを作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト
人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:0

アフィリエイトの成功例から学ぼう

成功例からイメージを作ろう

このところ、初心者アフィリエイターを自ら名乗る方のサイトをいろいろと検索して徘徊してみました。

主婦アフィリエイターの方が激増しているような気がします。

勉強してきっちりしたサイトを作っている方もいらっしゃいますが、古典的なダメ手法である無節操にバナーをベタベタ張るだけに終わっている方も、かなりの数いらっしゃるようです。

それでアクセス数を伸ばすことは困難ですし、お客さんがたまたま来ても、バナーのベタベタ張りだけで肝心の中身がなければすぐに立ち去られてしまいます。

好況だというのに給料が上がらない世の中で、目に入ったバナーをガンガンとクリックしてすぐに買っちゃうという不可思議な消費行動を取る日本人は残念ですがいません。

よくわからないままサイトを作っていると思うのですが、儲かるアフィリエイトサイトというもののイメージがつかめないという方は、実際に成功しているサイトがどんなものか見てみると良いと思いますよ。

そういうサイトはどこにあるのか。調べてみました。

アフィリエイト本の使い道

リストは現在売れ筋のアフィリエイト関連の図書です。

最近は、アフィリエイター激増中で、書店でのアフィリエイト関連の売り場面積も拡大されているようなので、実際に買ったという方も多いのではないでしょうか?

これらの著者のほとんどが現役アフィリエイターで、現在もそれらのサイトは稼動しています。

書名著者
アフィリエイトSEO対策テクニック 矢代 竜也
アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法 伊藤 哲哉
働かないで年収5160万円稼ぐ方法 川島 和正
携帯サイトで給料の3倍稼ぐ方法 加藤 義孝
できる100ワザ アフィリエイト―ホームページでがっちり稼ぐ実践ノウハウ 小林 智子/藍玉
アフィリエイトの神様が教える儲けの鉄則50 丸岡 正人
アフィリエイト 「やり直し」講座―月10万円稼ぐ受講生が続出中! 伊藤 哲哉
アフィリエイトでこんなに稼げる!―ネット副業の達人 永井 ゆかり
ケータイアフィリエイト高収入マニュアル -

持っているという方は、本の中で紹介されているサイトは、ご覧になりましたか? 読むだけではもったいないです。

本には出し惜しみなくノウハウが書かれていますが、読んでもイメージがわかないかもしれません。読むだけではピンと来なくても、そのノウハウが活かしているサイトを見ることで、イメージをはっきりさせることができるはずです。

本を持っている方は、書かれている内容を見ながら、著者の実際のサイトを研究してみると良いと思います。

アフィリエイト本の著者のサイト

人気の本の著者のサイトを調べました。アフィリエイトサイトとして実績のあるサイトということになります。携帯サイトは省略です。

矢代 竜也氏のサイト

専門家レベルの知識を自力で習得した上で、報酬の単価が高く競争相手が少ない分野でのアフィリエイトを実践しています。

伊藤 哲哉氏のサイト

伊藤氏は、元々の得意分野である英会話関連のサイトを運営しています。

また現在では、自分の実績を基にアフィリエイターを養成するべくアフィリエイトで毎月10万円稼ぐサイトを作るスクールを運営しており、ここから成功者を多数輩出しているようです。

川島 和正氏のサイト

川島氏は、メルマガでの情報ビジネスが主体です。またアフィリエイト関連以外の著書もあります。

小林智子(藍玉)氏のサイト

藍玉氏は主婦アフィリエイターのカリスマです。健康、美容、ファッション関連等のサイトを複数運営しています。

丸岡 正人氏のサイト

ネットでのお小遣いがテーマのサイトを運営しています。

永井 ゆかり氏のサイト

とりあえずインデックスページを載せておきますが、サイトの数が膨大です。

アフィリエイトで成功しているサイトの特徴

実際見てみると、アフィリエイターが激増中の今から始めて、これで儲けるのは厳しいだろうなという微妙なサイトもありますね…。どれとは言いませんが。

しかし、どの著者の運営サイトも、コンテンツの量がものすごいということは、とりあえず言えると思います。

また、こららの本のほとんどの著者は、パソコンやIT関連のスキルはあまり高くありません。それなりに勉強はしていらっしゃるとは思いますが、(SEO対策と名の付く本を書いている矢代氏でさえも)素人の域を出るものではないです。

サイトのデザイン的、見やすさなどの考慮はあると思いますが、プロ並という程に優れているサイトはありません。

どうやら、アフィリエイトサイトに重要なのは中身ページの量だと言っても良いのではないでしょうか。

特に『アフィリエイトSEO対策テクニック 』の矢代氏と、『アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法』伊藤氏のサイトは、専門知識がベースになったすごい量のコンテンツを持っています。これは、ライバルが現れても簡単には揺るがないでしょう。

もちろん、これらのサイトの様式をそのまま真似しても必ずしもうまくはいかないと思います。現在と著者のサイトが公開された時期と今とではライバルがいるかどうかなどの状況が違いますし、サイトの方向性によって客層も違うので試行錯誤が必要だとは思います。

人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:0

日記は人気コンテンツになり得るのか

テーマをしっかり持った集客可能なサイトを作る』という記事で、日記はコンテンツとしては難しいというようなことを書きました。

ブログのシステム自体が日記形態を模しているため、とりあえず日記をかいてみたくなる気持ちは良くわかります。

また、ブログに書かれている内容で日記が最も多いコンテンツです。しかし、ほとんどが知人がたまに見る程度で、アクセスを稼いでいる割合は、日記以外のコンテンツに比べて少ないのではないでしょうか?

一体何が悪いのでしょう?

おもしろい日記ブログの例

ブログが日本で定着するよりも前に、私もブログという言葉すら知らない状態で、しばらく見ていた日記ブログがありました。

日本に住んでいるアメリカ人女性の方が、書いているブログで英語だったのですが、私は何とか頑張って夜な夜な読んでいました。

内容自体は、ウォッシュレットに感動したとか、正月にスーパーで鏡餅を買ってきたとか、コンビニで何だかわからないままおでんを買ってみたとか、実に他愛のないもので、すごく人気があるブログというわけでもなかったと思うのですが、私にとっては面白いものでした。

なぜ面白かったのか考えてみると、偶然的に「外国人が日本に住んでみたらどう思うか」というようなテーマが出来上がっていたためだと思います。

もし、これが日本語で書かれていたら、日本のネットユーザーの人気をそこそこは集めたのではないでしょうか(アフィリエイトサイトとして成り立つかどうかは別にして…)。書いてあること自体は日常に過ぎないのですが、私には持ちえない視点で描かれており、それがユニークなものに感じられました。

日記でもテーマ性は必要

日記であっても、伝えたいものや、そこに書かれている内容の背景がしっかりしており、訴えかける相手を定めて書けば人気のあるコンテンツになりえると思います。ただ一人よがりなものをダラダラと書いていたのでは、魅力あるコンテンツにはなりません。

背景をしっかりさせるといっても、日本ではネットで顔写真を公開したり、本名を出したりプライバシーを晒すことはあまりしないので、文化的に不利な点はあります。

敢えてプライバシーを晒すべきとまでは言いませんが、発信者の状況がわかる程度には情報を与えないと、読む方は入り込みにくいです。これがないと部外者には理解できない完全な内輪ネタです。

個人までは特定できない程度にプライバシーを確保したままでも、珍しい職業や人気のある職業に関連した日記などは、一定のアクセスを集める可能性のあるコンテンツですね。(ただし守秘義務に触れないように注意がいります)。職業日記みたいなものは、端的に背景が伝わりやすいのだと思います。

(ついでに申し上げますが、職業日記の場合、その職業に就きたい人向けに書くのか、同業者向けに書くのか、といったターゲットが設定されている親切だと思います。この点を失敗して結局内輪ネタに成り下がっている日記も結構あります。)

やはりテーマを考え抜いて企画にするということは大事です。ただし、日記は、自分にとって当たり前のことが、客観的にみるとどうなのかというものの見方が必要で、やっぱり難しいとは思います。私は苦手とするジャンルなのですが、そういうスキルを持っている方ならうまくいく可能性はあると思います。

人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:0

| アフィリエイト入門管理人ブログ ホーム | 次のページ>>

広告主を見つける

>>自分のサイトの広告主を探そう
私自身は多数のASP(アフィリエイト サービス プロバイダ)に登録していますが、大手ASPで、ツール等の使...【続きを読む

スポンサード リンク

カテゴリー

最近の記事

[全記事一覧]

月別アーカイブ

タグリスト

アフィリエイト ホームページ作成 SEO ブログ Google ドメイン アクセスアップ 売上アップ コンテスト ツール PHP CGI ASP メディア 集客 ネット広告 AdSense Yahoo 情報商材 Amazon 

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お勧めアフィリエイト本

アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法
アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法

アフィリエイトSEO対策テクニック
アフィリエイトSEO対策テクニック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。