正攻法でがんばるアフィリエイト入門 管理人ブログ

初心者からのアフィリエイトサイトeasybiz.jp 管理人のブログです。アフィリエイト ノウハウのメモ、最新情報、小技を掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク

SEOとネット利用者を意識した集客力のあるタイトルを付ける方法

ホームページのタイトル

タイトル

今日はホームページのタイトルのお話です。

今回扱いたいタイトルとは、Internet Explorerなどの大抵のWebブラウザでウィンドウの上部のタイトルバーに表示されるタイトルのことで、HTMLでは

<title>ここにページのタイトル</title>
で記述するタイトルのことです。皆様は、どのように自分のページのタイトルをつけていますか?

検索エンジンとWebページのタイトル

さて、突然ですが、今、私がWindows Vistaのインストールされた新しいパソコンの購入を検討していると仮定します。

Googleで「windows vista パソコン」というキーワードで検索した結果

そこで、私はインターネットで情報を探すために「windows vista パソコン」というキーワードで検索します。実際の検索結果を見てみましょう。

Googleで「windows vista パソコン」というキーワードで検索した結果を表示

この検索結果を見て、何かお気づきになりませんか?

検索エンジンはタイトルを重視する

検索エンジンの、検索結果の一覧にはそのページのタイトルが表示されています。

そして、この結果をよくよく見るとタイトルには検索したキーワードが含まれているケースが多いということがおわかりですか? 太字になっているのが検索したキーワードです。

実は、検索エンジンは、キーワードに関連したページを選ぶときにタイトルをかなりの程度重視しています。

検索エンジンのこの仕組みは妥当性がありますよね? 作文でも何でも一般的にページのタイトルにはページの内容を端的にあらわすものを付けるはずです。

SEO(検索エンジン最適化)という観点で考えると、検索エンジンの利用者が入力した特定のキーワードで自分の作ったページを表示してもらいたいのであれば、タイトルにそのキーワードを含ませるべきだということが言えます。

タイトルだけで、検索エンジンでの表示順位が決まるというわけではありませんが、タイトルは外部的な要因ではなく自分で付けられるのですから、まず工夫すべきです。

人間の目もタイトルを重視する

今、私はWindows Vistaのインストールされた新しいパソコンの情報を探している人です。私は、さきほどの検索結果ではどのページをクリックして開くと思いますか?

上位に表示されているものでも、

  • 窓の杜 - 【NEWS】MS、パソコンの“Windows Vista対応度”を診断できる ...
  • 「憤りを感じる」--Windows Vista延期でパソコン業界に混乱広がる:ITpro
などのページは、少しは知りたい情報のようにも思えますが、パソコンの購入には直接関係なさそうに思えます。

逆に、

  • Vista対応パソコンを今すぐ買うなら,ハードウエアをどう選ぶ?:ITpro
  • Windows Vista 発売は2006年末 損をしないノートパソコン選び ...
この辺りの情報は、購入するのと大いに関連がありそうではないでしょうか? ここには知りたい情報がありそうです。

検索エンジンを利用する人は、こういう判断をタイトルを見ただけで瞬時にして行い、閲覧するページを決めます。逐一すべてのページを開いて確認する人はいません。

これはつまりは、検索エンジン利用者が実際の中身を見る前の段階で、勝負が決まってしまうということです。

検索エンジン以外からのリンク

ホームページの作成者が外部のホームページにリンクする場合、そこに付けられたタイトルをそのまま使って紹介することが多いです。

各種のランキングサイトや人気のブログを扱うホームページなどの最近更新された一覧にもタイトルが用いられて、リンクが張られることが多いです。

この場合でも、タイトルで見るか見ないかの判断をされてしまう可能性が高いはずです。

自分のホームページ内でも、タイトルでリンクを張ることが多いはずです。適切なタイトルであれば、ホームページ内で訪問者の方が迷ってしまうことも少なくなり利便性が増します。

さらに、アンカーテキストマッチと呼ばれる仕組みなのですが、検索エンジンは、あるページが何というキーワードで他のページからリンクされているかによって、ページとキーワードの関連性の高さを分析しています。

タイトルでリンクされることが多いということから、タイトルとキーワードがなるべく一致させておくことで、SEOの効果が得られる可能性が高くなると言えます。

悪いタイトルの付け方

安易に「良いものを見つけました!」とか、「私のお気に入りの商品」などのページタイトルを付けていませんか?

これらは、検索エンジンの仕組みから言っても、人間の目で見た判断から言っても、良くないタイトルだということは、今までの話からわかりますよね?

検索エンジンに候補として扱ってもらえる可能性が低く、人間が見ても何のことが書かれたページなのかわかりづらくスルーされてしまうことが多いでしょう。

ズバリの商品名など書かない方が、内容を気にしてもらえるのではないかと考えてしまう気持ちはわかります。しかし、インターネットの利用者は基本的に短気です。好奇心を煽るにしてもタイトルで情報を明らかにすべきなのです。

良いタイトルの付け方

実際に、どのようなタイトルが良いのでしょうか?

内容を端的に表すタイトル

基本は、内容とマッチしていて、内容を読まずとも推測できるようなタイトルです。まずは、わかりやすさが大切ですね。

検索されそうなキーワードを考慮したタイトル

検索エンジンで候補選びに使われそうなキーワードを含んでいると、検索エンジン経由での訪問者が増える可能性があります。実際には、複数キーワードでの検索を意識したり、ページ内の文章の中にあるキーワードも意識すると効果が高いですが、まずは、何というキーワードで検索されるのかを、意識できるようになりましょう。

疑問系や省略で好奇心を煽る

やりすぎは良くありませんが、人間の目にとまったときに好奇心を煽るようなタイトルの付け方です。

「健康器具○○○を使った効果か?」とか、「健康器具○○○でダイエットに挑戦したところ…」などの書き方ですね。

各ページのタイトルだけでなく、サイトそのもののタイトルも露出の機会が多いので、よくよく考えましょうね。サイトのタイトルだけで、何関連のサイトなのかをわかるようにした方が良いですよ。

ブログのページタイトル

細かいことなのですが、ブログのページタイトルの場合、
「ブログ名 記事名」
という形式でならんでいるテンプレートが多いようです。

ブログ名が長いと後ろが省略されてしまう可能性が高いので、テンプレートを編集して
「記事名 ブログ名」
の形式にするか、記事名だけにした方が、人の目にはとまりやすくなると思います。 眞鍋かをりのブログのように「ブログ名で集客できる!」という場合は別ですが…。

ここFC2ブログの場合だと、テンプレートのHTMLを

<title><%blog_name> <%sub_title></title>
ではなく、
<title><%sub_title> <%blog_name></title>
に変えればOKです。

安易に付けずに工夫を

実際に検索エンジンや人間の目から見てどうかなどのあらゆる可能性を考慮してタイトルを付けるのは難しいです。

しかし、工夫をまったくしないのはもったいないです。一種のキャッチフレーズを考えるような気持ちで、良いタイトルを付けることを心がけましょう。

スポンサーサイト
人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:0

挫折しないHTML・CSSの学習方法

初心者アフィリエイターの方で、HTMLCSSを勉強してホームページを作っている熱心な方が結構いらっしゃるようですね。

ホームページ・ビルダーなんかで、サクっと作ってアップしているのかと思っていたので、少々驚きました。

あまりにサイト製作スキルに重点をおいてもアフィリエイトの収益とは比例しないので、プロ並に詳しくなる必要はないと思いますし、ソフトで楽ができて生産性が高いのであれば、普段はソフトを使った方が私は良いと思っています。

しかし、HTML・CSSを知っていて得することはやっぱりあるので、たまに勉強時間を作ってみるのも悪くはないです。

HTML・CSSを覚えて得すること

便利なソフトがあるのにもかかわらず、HTML・CSSを覚えるメリットは、以下のようなものでしょうか。

ブログのテンプレートを改造できる

ブログを使ったサイトが多い現状では、テンプレートをオリジナルで作れると便利なことが多いです。

ブログのテンプレートは作成ソフトの範疇外のローカルルールが多いので、いじり倒すにはHTML・CSSの知識がないと辛いことが多いです。タグの意味がわかっていれば、ホームページ・ビルダーなどでざっくり作ったページをいじってブログのテンプレートとして機能させるようなことも可能になります。

ホームページ作成ソフトを使うときにも便利

ホームページ・ビルダーなどのホームページ作成ソフトの個々の操作がHTML・CSSで言うと何に当るのかがわかっていれば、おかしなタグがいつの間にかたくさん入り込んでしまうような事態を避けられます。

ソフトの使い方だけで適切なサイト作りをマスターできる方もいるとは思いますが、個々の操作の意味を把握していると、ソフトの誤操作でページを壊してしまっても、タグを見ればなぜおかしくなっているのかが早くわかるようになるなどというメリットがあります。

また、HTMLの書き方によるSEOなどの話題についていきやすくなります。

挫折しないHTML・CSSの学習方法

私がかつてプログラムを覚えるときに実際にやった学習方法をご紹介します。ただし、ここで紹介するのは飽くまでも初心者の方向きの学習方法ですので、自信のある方は、自分の信じる道を進んでください。

挫折しないためには、簡単で薄い本を読んで勉強することから始めれば良いです。

「何を当たり前なことを…」と思われるかもしれませんね…。

しかし、書店で美麗なデザインのサンプルに惹かれて「こんなページを作りたい!」などという思いでHTML・CSSの本を買ってしまった人はいませんか? 多分その本は初めてやるには難しいです。細々とした知識を一気に詰め込める自信があればいけるかもしれませんが…

まず基本だけを抑えることを目標にやると無理なくこなせます。

基本を知っただけの状態でタグを書いても、しょぼいながらも一応のものは作れるので、達成感が得られやすく飽きないはずです。

そして、基本を抑えてしまえば、そこから応用技を覚えるまでに案外時間がかかりません。応用は基本の組み合わせでできています。知識を基本から積み上げていくと結果的には近道です。

基本を覚えた後は、他人のホームページのソースやフリーのテンプレートとして配布されているソースを見て、自分なりに工夫していきます。こうすると応用技術が身につきます。

HTML・CSSの本を選ぶポイント

最初は「ここまで丁寧に解説されていれば、いくらなんでもわかる」というくらい、初心者にやさしい本を選びましょう。薄い本で良いです。

学習の際に、一緒にリファレンス的に使えるHTML辞典があると効率が良いです。基本の本の中に書いてあることの詳しいことを調べたり、基本の本には書いていないけどこういうことをやりたいって場合に役に立ちます。ただし、HTML辞典は必要が生じてから買っても遅くはないと思います。

現在売られている本では

私が書店に行った際に、現在売られている本ではどれが良いのか実際に中身を見てきました。

HTMLを覚える本

できるホームページHTML入門 Windows対応
できるホームページHTML入門 Windows対応

このくらい簡単なものでOKです。この本の中身を真似するだけでは大したものは作れませんが、ここから工夫してくことで、美麗なデザインへと進んでいけます。

一週間でマスターするホームページの作り方という本も良さそうでしたが、現在絶版でした。重刷が出れば良いのですが…

CSSを覚える本

できるホームページスタイルシート入門―Windows対応
できるホームページスタイルシート入門―Windows対応

そもそもHTMLとCSSの違いは何かを簡単に説明しますね。

HTMLにはページのタイトルや文章の中身や、他のページへのリンクなどの文書そのものを記述します。

一方、CSSには文字の大きさや、色、余白などの見た目に関することをHTMLとは分けて書きましょうということになっていて、記述方法が違うのです。というわけで、まずはHTMLを覚えて、物足りなくなってきたらCSSに進んでください。

辞典として使える本

HTMLタグ辞典 第6版 XHTML対応
HTMLタグ辞典 第6版 XHTML対応

現在売られている辞典なら、これが見やすくて良いでしょう。自分で選ぶ場合は、タグの一つ一つが詳細に載っていて、対応ブラウザが明記されている本であれば良いと思います。

人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:2

ネットと既存メディアの広告費の推移

アフィリエイターが増え続ける昨今、企業がネット広告に費やしている額というものはどれくらいなのか興味本位で調べてみました。

ネット広告費は順調に増えている

この件に関係ある資料として、野村総合研究所が2006年12月にニュースリリースを出しています。

2011年までの国内IT主要市場の規模とトレンドを展望(2)~インターネット広告が7,417億円、ブログ・SNSは1,706億円に拡大~

この資料では、3,554億円、今年(2007年)は4,663億円になり、5年後には7,414億円になると予想されています。5年で倍以上に伸びそうということですね。

この予想に出ている数字の根拠はわかりませんが、ネット普及とともに順調に伸びてきたネット広告費の推移を考えると、妥当な数字でしょう。今年中に雑誌での広告費を抜き、テレビ、新聞についで大きな規模になりそうです。

これまでのネット広告費

電通が公開している資料では、様々なメディアでの広告費の推移がわかります。

dentsu online ニュース・新着情報においてある、PDFファイルをご覧ください。
2006年の日本の広告費は5兆9,954億円、前年比0.6%増(PDF)

このPDFだと数字しか出ておらず、わかりづらいのでグラフにしてみました。

ネット広告費の1996年からの推移は、以下のグラフのようになっています。

どうやらアフィリエイトが普及しはじめた2002年頃から大きく伸び始めていますね。

ついでに、他のメディアの広告を合わせたグラフも作成してみました。テレビ・新聞の広告費は、突出して大きい額なためY軸を別にしました。

これを見るとネット広告費は他のメディアと比べて明らかに成長していますね。反対に、紙媒体の新聞、雑誌とラジオの広告費は年々下降しています。

テレビの広告費にも動きはありますが、これは巨額なだけに広告費全体の動きとかなりシンクロしています。広告費全体の推移をグラフ化すると、以下のようになります。

広告費全体の動きそのものは、日本の国内総生産(GDP)とシンクロしていることは、PDFの中のグラフを見るとわかります。テレビがネットの影響をどの程度受けているのかは、この資料からははっきりとはわかりません。ただ、ここ2年間での減少分はネットにシフトしているのかもしれませんね。

新聞、雑誌とラジオに関しても、利用者そのものがネットに流れているのではないかとも考えられます。紙媒体は発行部数自体に変化があるのかもしれませんが、資料を探しきれませんでしたので、見つけたらこのブログに掲載しようと思います。

(※掲載したグラフは電通が公開しているPDF(PDFファイル)の『表3 媒体別広告費(1996年~2006年)』をExcelでグラフにしたものです)

人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:2

挫折しないためのサイト作成計画

アフィリエイトの成功例』のようなサイトを作成するためには、少なくとも半年から一年に渡るサイトの作成計画を作っておくと良いです。

成功しているサイトは、確かにコンテンツがしっかりしています。しかし、どうやっても常人には手が届かないような離れ業というものでもないですよね?

安定した収益のために目指すべきところ

実際に稼げるアフィリエイトサイトは、大量の良質コンテンツを持っています。ほとんど単純な力技と言え、非常に手間がかかりますが、それでもこのやり方は理にかなっています。

理由は単純です。

まずは、当たり前の話ですが、大量の良質コンテンツがあるということ自体が、お客さんを引き付ける要因になりリピーター(ファン)の獲得に役立ちます。また、頼まなくてもリンクしてくれる人が少なからず出てきます。

そして、大量のコンテンツを備えること(すなわち、多くのページ数があること)が、結果として検索エンジン経由でのお客さんを増やすことになります。

なぜなら、大量のページ、それにある程度まとまった量の文章があることで、いろいろなキーワードでの検索結果に表示される機会が増すからです。

ほとんどのインターネットユーザーが、検索エンジンを使って情報を探していることを考えると、これはバカにできません。アクセス解析ツールを導入してみるとわかりますが、サイトへの訪問者の大多数が検索エンジン経由でのアクセスです。

相互リンクや、小手先技のHTMLの改良によるSEOスキルを駆使するにしても、まずはまとまったコンテンツがなければ話になりません。何を差し置いてもまとまったページ数を用意するべきです。

もちろん、訪問者に興味のある情報がなければ、すぐに立ち去られてしまうので、テーマを統一し、訪問者にとって必要な情報があるということが前提です。つまりは、同一テーマで良質コンテンツ、まとまったページ数が基本です。

目標に向かっての計画立て

さて、私は、検索エンジンからの訪問者を効率良く招き入れるためには、少なくとも100~200のページ数は必要だと考えています。

そこまでのサイトを築き上げるには、どうしても時間がかかります。

飽きてやめてしまっては、元も子もありませんので、事前に計画を立てて、サイト作成自体を習慣化することをお勧めします。

現実的で無理のない計画でなければ破綻しますし、そもそも現実的ではない計画は計画とは呼べませんので、どの程度の時間を割くことができて、おおまかにでもどういう情報を掲載していくのかをあらかじめ考えて、書き留めておくと無難です(紙でもパソコン上のファイルでも良いです)。

途中で計画の修正が必要になることもありえますが、当初は無理のない計画を少しずつ実行していくことにしましょう。

計画書が挫折を防ぐ

サイト開設当初は、アクセス数は悲しいほどに少ないですし、アフィリエイトの収益だって無いに等しいものです。

でも、これは当然ですから、嘆いていても意味はありません。ここで失敗だと判断してやめてはいけません。何も達成できていないのですから、本当は失敗でさえない状態です。

計画を立てて作成し、「まだ作成途中なんだ」という認識ができていれば、サイト開設当初にアクセス数が少ないことを、あまり気にせずに済みます。

また、計画があるとサイトのテーマのぶれが少なくなるという面でも良いです。最初は、簡単なものでも良いので、計画書のようなものを作ってみてはいかがでしょうか?

人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:0

アフィリエイトの成功例から学ぼう

成功例からイメージを作ろう

このところ、初心者アフィリエイターを自ら名乗る方のサイトをいろいろと検索して徘徊してみました。

主婦アフィリエイターの方が激増しているような気がします。

勉強してきっちりしたサイトを作っている方もいらっしゃいますが、古典的なダメ手法である無節操にバナーをベタベタ張るだけに終わっている方も、かなりの数いらっしゃるようです。

それでアクセス数を伸ばすことは困難ですし、お客さんがたまたま来ても、バナーのベタベタ張りだけで肝心の中身がなければすぐに立ち去られてしまいます。

好況だというのに給料が上がらない世の中で、目に入ったバナーをガンガンとクリックしてすぐに買っちゃうという不可思議な消費行動を取る日本人は残念ですがいません。

よくわからないままサイトを作っていると思うのですが、儲かるアフィリエイトサイトというもののイメージがつかめないという方は、実際に成功しているサイトがどんなものか見てみると良いと思いますよ。

そういうサイトはどこにあるのか。調べてみました。

アフィリエイト本の使い道

リストは現在売れ筋のアフィリエイト関連の図書です。

最近は、アフィリエイター激増中で、書店でのアフィリエイト関連の売り場面積も拡大されているようなので、実際に買ったという方も多いのではないでしょうか?

これらの著者のほとんどが現役アフィリエイターで、現在もそれらのサイトは稼動しています。

書名著者
アフィリエイトSEO対策テクニック 矢代 竜也
アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法 伊藤 哲哉
働かないで年収5160万円稼ぐ方法 川島 和正
携帯サイトで給料の3倍稼ぐ方法 加藤 義孝
できる100ワザ アフィリエイト―ホームページでがっちり稼ぐ実践ノウハウ 小林 智子/藍玉
アフィリエイトの神様が教える儲けの鉄則50 丸岡 正人
アフィリエイト 「やり直し」講座―月10万円稼ぐ受講生が続出中! 伊藤 哲哉
アフィリエイトでこんなに稼げる!―ネット副業の達人 永井 ゆかり
ケータイアフィリエイト高収入マニュアル -

持っているという方は、本の中で紹介されているサイトは、ご覧になりましたか? 読むだけではもったいないです。

本には出し惜しみなくノウハウが書かれていますが、読んでもイメージがわかないかもしれません。読むだけではピンと来なくても、そのノウハウが活かしているサイトを見ることで、イメージをはっきりさせることができるはずです。

本を持っている方は、書かれている内容を見ながら、著者の実際のサイトを研究してみると良いと思います。

アフィリエイト本の著者のサイト

人気の本の著者のサイトを調べました。アフィリエイトサイトとして実績のあるサイトということになります。携帯サイトは省略です。

矢代 竜也氏のサイト

専門家レベルの知識を自力で習得した上で、報酬の単価が高く競争相手が少ない分野でのアフィリエイトを実践しています。

伊藤 哲哉氏のサイト

伊藤氏は、元々の得意分野である英会話関連のサイトを運営しています。

また現在では、自分の実績を基にアフィリエイターを養成するべくアフィリエイトで毎月10万円稼ぐサイトを作るスクールを運営しており、ここから成功者を多数輩出しているようです。

川島 和正氏のサイト

川島氏は、メルマガでの情報ビジネスが主体です。またアフィリエイト関連以外の著書もあります。

小林智子(藍玉)氏のサイト

藍玉氏は主婦アフィリエイターのカリスマです。健康、美容、ファッション関連等のサイトを複数運営しています。

丸岡 正人氏のサイト

ネットでのお小遣いがテーマのサイトを運営しています。

永井 ゆかり氏のサイト

とりあえずインデックスページを載せておきますが、サイトの数が膨大です。

アフィリエイトで成功しているサイトの特徴

実際見てみると、アフィリエイターが激増中の今から始めて、これで儲けるのは厳しいだろうなという微妙なサイトもありますね…。どれとは言いませんが。

しかし、どの著者の運営サイトも、コンテンツの量がものすごいということは、とりあえず言えると思います。

また、こららの本のほとんどの著者は、パソコンやIT関連のスキルはあまり高くありません。それなりに勉強はしていらっしゃるとは思いますが、(SEO対策と名の付く本を書いている矢代氏でさえも)素人の域を出るものではないです。

サイトのデザイン的、見やすさなどの考慮はあると思いますが、プロ並という程に優れているサイトはありません。

どうやら、アフィリエイトサイトに重要なのは中身ページの量だと言っても良いのではないでしょうか。

特に『アフィリエイトSEO対策テクニック 』の矢代氏と、『アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法』伊藤氏のサイトは、専門知識がベースになったすごい量のコンテンツを持っています。これは、ライバルが現れても簡単には揺るがないでしょう。

もちろん、これらのサイトの様式をそのまま真似しても必ずしもうまくはいかないと思います。現在と著者のサイトが公開された時期と今とではライバルがいるかどうかなどの状況が違いますし、サイトの方向性によって客層も違うので試行錯誤が必要だとは思います。

人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:0

日記は人気コンテンツになり得るのか

テーマをしっかり持った集客可能なサイトを作る』という記事で、日記はコンテンツとしては難しいというようなことを書きました。

ブログのシステム自体が日記形態を模しているため、とりあえず日記をかいてみたくなる気持ちは良くわかります。

また、ブログに書かれている内容で日記が最も多いコンテンツです。しかし、ほとんどが知人がたまに見る程度で、アクセスを稼いでいる割合は、日記以外のコンテンツに比べて少ないのではないでしょうか?

一体何が悪いのでしょう?

おもしろい日記ブログの例

ブログが日本で定着するよりも前に、私もブログという言葉すら知らない状態で、しばらく見ていた日記ブログがありました。

日本に住んでいるアメリカ人女性の方が、書いているブログで英語だったのですが、私は何とか頑張って夜な夜な読んでいました。

内容自体は、ウォッシュレットに感動したとか、正月にスーパーで鏡餅を買ってきたとか、コンビニで何だかわからないままおでんを買ってみたとか、実に他愛のないもので、すごく人気があるブログというわけでもなかったと思うのですが、私にとっては面白いものでした。

なぜ面白かったのか考えてみると、偶然的に「外国人が日本に住んでみたらどう思うか」というようなテーマが出来上がっていたためだと思います。

もし、これが日本語で書かれていたら、日本のネットユーザーの人気をそこそこは集めたのではないでしょうか(アフィリエイトサイトとして成り立つかどうかは別にして…)。書いてあること自体は日常に過ぎないのですが、私には持ちえない視点で描かれており、それがユニークなものに感じられました。

日記でもテーマ性は必要

日記であっても、伝えたいものや、そこに書かれている内容の背景がしっかりしており、訴えかける相手を定めて書けば人気のあるコンテンツになりえると思います。ただ一人よがりなものをダラダラと書いていたのでは、魅力あるコンテンツにはなりません。

背景をしっかりさせるといっても、日本ではネットで顔写真を公開したり、本名を出したりプライバシーを晒すことはあまりしないので、文化的に不利な点はあります。

敢えてプライバシーを晒すべきとまでは言いませんが、発信者の状況がわかる程度には情報を与えないと、読む方は入り込みにくいです。これがないと部外者には理解できない完全な内輪ネタです。

個人までは特定できない程度にプライバシーを確保したままでも、珍しい職業や人気のある職業に関連した日記などは、一定のアクセスを集める可能性のあるコンテンツですね。(ただし守秘義務に触れないように注意がいります)。職業日記みたいなものは、端的に背景が伝わりやすいのだと思います。

(ついでに申し上げますが、職業日記の場合、その職業に就きたい人向けに書くのか、同業者向けに書くのか、といったターゲットが設定されている親切だと思います。この点を失敗して結局内輪ネタに成り下がっている日記も結構あります。)

やはりテーマを考え抜いて企画にするということは大事です。ただし、日記は、自分にとって当たり前のことが、客観的にみるとどうなのかというものの見方が必要で、やっぱり難しいとは思います。私は苦手とするジャンルなのですが、そういうスキルを持っている方ならうまくいく可能性はあると思います。

人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:0

テーマをしっかり持った集客可能なサイトを作る

何のサイトか良くわからないサイトでは収益が上がりません。誰に対してどのような情報やサービスを公開するのかテーマを考えて作った方が、じっくり見てもらえる可能性が高くなります。


テーマを決めるメリット

何でもかんでも詰め込んであるサイトは、いかにも専門性がなく見え、書いてあることの信頼性が乏しく見えてしまいます。

自分がインターネットで調べ物をするときを考えてみましょう。ゴチャゴチャといろいろ脈絡なく情報を詰め込んだサイトに書いてあることをちゃんと読もうとするでしょうか?

同じ時間をかけて作成するとしても、何でもかんでも詰め込んだサイトを作るよりは、訪問者が検索エンジンで見つけて最初に開いたページをちゃんと読んでもらえる可能性が高く、そこからいろいろなページをついでに見てもらえる可能性も高くなるテーマを設定してあるサイトの方が良いです。

アフィリエイトサイトを運営する場合、もともとそのテーマに興味のある訪問者が多く見るページであれば、テーマに合わせた商品を紹介することで報酬を得やすくなります

また、テーマがしっかりと決まっていた方が、何を書くべきかが決まりやすいので、慣れてくると意外に更新がしやすくなります


できればライバル不在のテーマ

うかつに人気のあるテーマを選んでしまうと、すでに圧倒的に強いライバルがいる可能性が高く、強いライバルのページで同じような情報を得られるのであれば、ターゲットとするお客さんがサイトに来る前に決着がついてしまいます。

基本的には、他人がやっていないライバル不在のテーマを選ぶべきです。

たとえば、この私のサイトはアフィリエイトをテーマにしていますが、すでに強いライバルがたくさんいるため、これはかなり悪い例です。

私は考えがあってやっているのでこのテーマで続けますが、アフィリエイトをテーマにするとしても、海外の珍しいアフィリエイトサイトの事例を集めて日本語で紹介してみるとか、狙いをかなり絞ってしまった方が人気を得やすいと思います。

(ただし、アフィリエイトをテーマにして、アフィリエイター御用達のソフトウェア、図書、サービスなどを薦めて収益を得ようとしても、すでにそれらは訪問者の多くが知っている可能性が高く、あまり良いテーマではないと思います。似たようなことは芸能人やスポーツ選手のファンサイトなどにも言えます。)

分野としてはパソコンとか旅行など広くても構いませんが、その中でもなるべく絞ってしまって独自の方向性を出す方が、お客さんがつきやすいです。

テーマを思いついたらすぐにはサイトを作成せずに、ネットを検索して、そのテーマにどのようなライバルがいるのかを確認してみましょう。


どういう人が読むのかを考えて作る

あわせて、どういう人が見るサイトなのかを良く考えてみることも重要です。サイトのテーマと関係ないものをアフィリエイトで紹介しても、クリック率は悲惨なほど低くなります。

来るお客さんの層に合わせた広告を出さないと効果が薄いのです。

自分がやるとしたらどのテーマでどういうコンテンツを作成するのかということと、そのテーマで集まる訪問者向けにどのようなアフィリエイトが可能なのかの両方の側面から考えてみる必要があります。


日記で人気を取るには高度な技がいる

最近はブログが流行し、ブログで日記をつける人が多いですね。日記ブログでアフィリエイトをやるというのでも良いとは思いますが、どういう人がどういう人に向けてどういう内容を書いていくのかをはっきりさせないと人気は出ません。

内輪ネタばかりのページになってしまうと、とてもつまらないです。

そういう意味では、有名人でもないのに、日記で人気サイトを作っていくには、テーマを決めた上で主人公である自分を表に出して日記として魅力あるコンテンツを成り立たせるのが難しいため、簡単そうに思えますが、逆にかなりの応用力が必要だと思います。


アイデアを練る方法

ただ漠然と頭の中で考えるだけではなく、紙やパソコンを使っていろいろと検討してみましょう。

書いておいておくと、後からそれを見たときに別の角度で捕らえてみると面白いということに気づいたり、面白いと思っていたことがダメだということに気づいたりできます。

有名なKJ法マインドマップなどを使って、アイデアを練るのも良い方法です。
KJ法 - Wikipedia
マインドマッピング - Wikipedia

KJ法の関連図書:発想法―創造性開発のために
発想法―創造性開発のために

マインドマップの関連図書:ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ

マインドマップを作成するフリーウェア:FreeMind活用クラブ - マインドマップをフリーソフトで
FreeMind


そうは言っても決まらない

初めの頃は、テーマ選びの段階で失敗してしまうことが多いと思います。

サイトを作成したことのない方は、無料ブログなどで試しに始めてみてください。

あまり無駄なことはやりたくありませんが、自分が詳しく書けて、継続できそうなテーマを探す目的と、サイトの作成自体に慣れ、どの程度の作業が必要なのかを知る目的で一定期間だけ試しに何かやってみても損はないと思います。

他人の役に立つと思う情報を積極的に公開していきましょう。人気を取れそうなサイトを作るために、ちょっと試行錯誤してみます。

まずは、自分が知らないことを書こうと思っても書きにくいので、職業や趣味などの得意とすることから始めてみるのが良いでしょう。

おそらくアクセス数は少ないと思いますが、ある程度慣れた段階でもう一度テーマについて一から考えてみましょう。

人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:0

電脳卸がホームページコンテストを実施中

電脳卸でアフィリエイトサイトのコンテストを実施しています。

電脳卸
→電脳卸

電脳卸はドロップシッピングサービスの草分け的な存在です。

今回は、参加サイトを美容液の特定商品を扱うサイトに限定しています。

サイトのテーマが美容関連、健康グッズ関連でなければつらいところですが、逆に自分がそういうサイトを運営していれば広いテーマのコンテストよりもライバルが少ないはずですので、チャンスです。

電脳卸では、毎月テーマを変えてコンテストを実施しているので、自分のサイトで電脳卸の商品を掲載している方は、是非参加しましょう。

人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:0

自分のサイトの広告主を探そう (代表的な無料アフィリエイト サービスを比較)

大手のASP(アフィリエイト サービス プロバイダ)をピックアップしましたので、ご紹介します。

A8.net リンクシェア JANet バリューコマース アクセストレード トラフィックゲート

私自身は多数のASP(アフィリエイト サービス プロバイダ)に登録していますが、大手ASPで、ツール等の使い勝手も悪くないところを選んでみました。

ASPに登録して自分のサイトに合う広告を探しましょう

ASPごとに広告の傾向、広告主、得意分野、ツール等の使い勝手が違うので、自分のサイトとマッチするのかどうかを研究しましょう。

同じ広告主が複数のASPに出稿しており、実施しているキャンペーンやアフィリエイトによる報酬額が違う場合があります。そのため、複数のASPに登録して、見比べてから広告を選ぶようにした方が得です。


代表的なASP(アフィリエイト サービス プロバイダ)の一覧

優良企業が多く、広告も選びやすいところを挙げてみます。

ASP名称最低支払額振込み手数料
A8.net
A8.net
5,000円 サイトオーナーが負担

郵便局:30円
三井住友銀行(渋谷駅前支店): 3万円未満 105円、3万円以上 210円
三井住友銀行(渋谷駅前支店以外の店舗): 3万円未満 210円、3万円以上 420円
他行(三井住友銀行以外の銀行):3万円未満 525円、3万円以上 735円
リンクシェア
リンクシェア
取り決めなし
(1円でも報酬があれば振込まれる)
ASPが負担
JANet
JANet
5,000円 ASPが負担
バリューコマース
バリューコマース
5,000円 サイトオーナーが負担
三菱東京UFJ銀行: 3万円未満 94円、3万円以上 147円
他行(三菱東京UFJ銀行以外): 3万円未満 252円、3万円以上 288円
アクセストレード
アクセストレード
1,000円 ASPが負担
トラフィックゲート
トラフィックゲート
3,000円 サイトオーナーが負担
全銀行一律:3万円未満 168円、3万円以上 262円

(※ただし、ジャパンネット銀行への振込みは、無料)

(*月ごとの最低支払額があるASPでは、月ごとの報酬額が最低支払額に満たない場合は翌月以降に繰り越されます。アフィリエイトによる報酬の合計が最低支払額以上になるまでは振り込まれません。翌月に繰り越されていくので最終的にはもらえますが…)


最大手のアフィリエイトサービス! A8.netの傾向

A8.netは、広告を出稿している企業の数が他と比べて圧倒的に多く、登録者(サイトオーナー)も最も多いASPです。

A8.net
A8.net

アフィリエイトをやるなら、ここはまず登録した方が良いと思います。

機能が少ない感はありますが、広告の選択ページなどはシンプルにできており、わかりやすいのでアフィリエイト初心者には特にお勧めできます。


1円からの振込み ! リンクシェアの傾向

リンクシェアは、最低支払額がなく、1円でも報酬があれば振り込まれ振込手数料も無料というのが特徴的です。

リンクシェア
リンクシェア

ニッセン、ベルメゾンなど大手のECサイトや、ジャパネットたかたなどのテレビショッピング関連の企業の多くがクライアント企業となっており、取り入れやすいと思います。

多数のブログパーツが用意されていたり、作成済みのHTMLを自分のサイトに貼り付けたりブログに投稿したりするだけで、綺麗に成型された記事を作ることができるテンプレートが用意されているといったような工夫がたくさんあったりと、利便性が良く考えられています。これらの機能は、アフィリエイトがはじめてという初心者の方でも十分使えるようになっています。


報酬が高い! JANetの傾向

JANetは、アフィリエイトの報酬額が非常に高く設定されていることが魅力的です。

JANet
JANet

アフィリエイトによる成果報酬10%~20%が当たり前という特色を打ち出しています。

サイトの傾向にマッチしている広告があるようであれば、是非使いたいところです。


老舗ASP! 大手企業が多いバリューコマースの傾向

バリューコマースは、ASPの老舗です。現在は、Yahoo!と資本関係があり、Yahoo! ショッピングでのアフィリエイトも可能です。

バリューコマース
バリューコマース

広告スペースという管理の仕方ができ、広告バナーをローテーション(違う広告をランダムで表示する)で表示することもできます。アフィリエイトリンクを作るための機能も豊富です。

クライアントには大手企業が多いことも特徴です。

プログラマ向けにWebサービスAPIも公開しています。(※関連記事:WebサービスAPIとアフィリエイト)

ランクアップで報酬アップ! アクセストレードの傾向

アクセストレードには、提携ランクアップという制度があり、稼げば稼ぐほど、アフィリエイトの成果報酬が上がるという特徴をもっています。

アクセストレード
アクセストレード

また、最低支払金額が1,000円で、振込み手数料も無料なため、アフィリエイトを導入したサイト開設初期の段階から報酬がもらいやすくなっています。


ネット上のサービスとの関係が強い! トラフィックゲートの傾向

トラフィックゲートは、楽天や、サイバーエージェントとの資本関係があり、両社のネットで出しているサービスとの関連が強いところが特徴です。

トラフィックゲート
トラフィックゲート

また、無印良品など、ここにしか広告を出稿していない企業がありますので、自分のサイトの傾向と合わせたアフィリエイトが可能なのかを調べてみると良いでしょう。


人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:0

| アフィリエイト入門管理人ブログ ホーム |

広告主を見つける

>>自分のサイトの広告主を探そう
私自身は多数のASP(アフィリエイト サービス プロバイダ)に登録していますが、大手ASPで、ツール等の使...【続きを読む

スポンサード リンク

カテゴリー

最近の記事

[全記事一覧]

月別アーカイブ

タグリスト

アフィリエイト ホームページ作成 SEO ブログ Google ドメイン アクセスアップ 売上アップ コンテスト ツール PHP CGI ASP メディア 集客 ネット広告 AdSense Yahoo 情報商材 Amazon 

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お勧めアフィリエイト本

アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法
アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法

アフィリエイトSEO対策テクニック
アフィリエイトSEO対策テクニック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。