正攻法でがんばるアフィリエイト入門 管理人ブログ

初心者からのアフィリエイトサイトeasybiz.jp 管理人のブログです。アフィリエイト ノウハウのメモ、最新情報、小技を掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク

WebサービスAPIとアフィリエイト

プログラムができると使ってみたくなる


以前にもちらっと書きましたが、プログラミングを知っていると試してみたくなるものに、WebサービスAPIというのがあります。

どういうものかというと、たとえば、Amazonの商品情報にプログラムで通信して問い合わせを行い、検索結果を自動で取得して自分のサイト上のコンテンツの一部として、データを利用したりすることを可能にするような仕組みです。

報酬制度があるECサイトでは、最初にAmazonがサービスを開始し次第に多くの提供元があらわれました。

データを自分で作成したソフトウェアに利用できる


実は、作りかけのアフィリエイト入門サイトのページの右側に出ている本の情報は、Amazonから売れ筋の本を自動で取得して表示しているものです。

おもいっきり地味なわりに無駄にテクニカルなものだったわけなんですね。何の情報なのかわかりづらいので直さなきゃいけないと思いつつも面倒で放置してあるんですが…

ほとんど(多分今のところ全部)が、SOAPとかRESTという通信方法で、情報のやりとりをして、その通信したデータの中身はXMLという方式で記述されています。

どういうものかというと、RESTならInternet Explorerで表示できますので、興味がある方はご覧になってください。
クリックするとAmazonからアフィリエイト関連の本のデータを取得した結果が表示されます
(※ブラウザによっては正常に表示されないかもしれません。害はありません。)

こういったデータの中身を自分で製作したソフトウェアに使用することができるのです。

アフィリエイトに直接使えるWebサービスAPI


アフィリエイトに使って良いですよというものだけでも、かなりの数があります。おそらく私が把握していないものもあるでしょう。
私が、すぐ思い出せるものでもこんなにたくさんあります。

Amazon
Yahoo!
楽天
ビッダーズ
じゃらん(※じゃらんのアフィリエイトはバリューコマースが提供)
電脳卸
バリューコマース(※APIで取得できるクライアント企業は限定されています)

このように、結構な数のWebサービスAPIが提供されていて、情報がネットを行きかっているのです。直接アフィリエイトに利用できないものまで含めると、まだまだいっぱいあります。

オリコンのWebサイトでのアフィリエイトの取り入れ方


ちょっと話が変わりますが、オリコンのサイトのアフィリエイトの取り入れ方が面白いなと思ったので、ご紹介します。

実は、オリコンは、PC向けの音楽配信事業をやっていたのですが、赤字が大きく自社サービスを終了することになりました。その後、他社のアフィリエイトを取り入れて使っています。
「ORICON STYLE」がPC向け音楽配信を終了--アフィリエイト広告へ移行 - CNET Japan

ORICON STYLE
ORICON STYLE

そんなオリコンなのですが、今年、オリコンのランキング情報をWebサービスAPIを通して提供すると発表しました。
ITmedia News:オリコンがAPI公開 「Web2.0で集客、換金を」

自社の核となっている情報を無償で提供するということ自体が、結構おもしろいですよね。そして、上のITmedia Newsの記事中にありますが、ORICON STYLE上では、AmazonやYahoo!のWebサービスAPIを、今度はオリコンが利用する側になって取り入れるというふうになっています。

なかなか複雑ですが、企業間で、得意な部分を活かしあうようになっているわけですね。

アイデア次第でいろいろと使えておもしろい


WebサービスAPIは各サービスごとに仕様が違いますので、利用するにはいろいろ調べないといけないことが多かったりしますが、プログラミングを知っていれば、扱いはそんなに難しくはありません。

何らかのプログラミング言語をかじったことのある方は、いろいろアイデアを練ってみると良いかもしれませんよ。


関連図書:最新WebサービスAPIエクスプロ-ラ ~Amazon、はてな、Google、Yahoo! 4大Webサービス完全攻略


人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:2

Google AdSenseの怪しげな広告や単価の低い広告を遮断する方法

アフィリエイトに関する情報を公開しようと作成中の当サイトにGoogle AdSenseを入れてみたところ、見た瞬間に怪しいと言うしかない広告が表示されるようになりました。

技術系のサイトなどでは、このようなことはなかったのですが、まあ、アフィリエイトとか儲かるとか現金だとかのキーワードは、いかにもその手の広告が好みそうですよね。

AdSenseのフィルタを使用する


Google AdSenseには、フィルタという機能があって、広告のリンク先URLを一つ一つ入力することで、その広告を拒否することができます。これは、本来は自分のビジネスと競合する企業の広告などを回避するのが目的と説明されているものです。

怪しいものが表示される都度、そのURLを入力して、一つ一つ駆除しようとも思いましたが、何せうさんくさい広告の数が多くて大変です。埒があかない…

ブラックリストを入手


誰かリストを作成して公開していないかなぁと思い、検索してみたところ発見しました。

Google Adsense ブラックリスト日本版 Beta

著しく単価の低い広告主や悪質なサイトの情報を共有して、それらをフィルタで遮断することによって、収益を上げようというコンセプトで作られているようです。当初は2ちゃんねるの掲示板上にあった情報を元に作られたらしいです。

私のこのサイト自体は、まだアクセス数も少ないので、クリック単価についてどうこう策を講じても仕方ない段階なのですが、怪しげな広告がガンガン出てしまうのは訪問者の心象が悪いでしょうから、さっそく活用させてもらうことにしました。

ここに登録されているサイトが本当にブラックなのかを自分の目で全部確かめることは困難ですが、複数のユーザーの報告を元に作成されているようなので、精度は悪くなさそうです。広告だらけのサイトとか情報商材の広告など、タイプを選択して遮断するものを選ぶがことでき、機能が充実しています。

使い方は、条件を選んで、表示されたリストをGoogle AdSenseのフィルタにコピーペーストするだけです。

調べてみると今年1月に、GIGAZINEさんでも紹介されていますね。
ついに「Google Adsense ブラックリスト日本版 Beta」が登場 - GIGAZINE

このエントリには「現時点でも90個以上のアドレスが登録されています」と書かれていますが、現在は、400を超えるアドレスが登録されています。

フィルタに登録してから、反映されるまで多少の時間がかかるので、当サイトでの効果は未確認です。

追記:いろいろ試してみていますが、どうやらAdSenseのフィルタは200個までしか登録できないようですね。全部を登録とかしようとせずに、自分のサイトのカテゴリで絞ったり、プロバイダのユーザーサイト用のアドレスとか、フリーWebスペースは、そもそもアレなサイトが多いので、ドメインやサーバーレベルでまとめてしまうなどしてコンパクトにしないとダメっぽいです。

人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:0

楽天アフィリエイトの報酬を現金で貰うかポイントで貰うか

楽天は、楽天のトップページを先ほど開いてみた時点で、商品数16,136,265点という恐ろしい品揃えをほこっており、楽天にない商品はないというほど巨大なものです。

テレビや雑誌などの情報を見て「こりゃナイスなアイテムを発見! うふふ」 などと思った際に、それが珍しかろうとも楽天には必ずあると言えちゃうほどです。

楽天は、楽天のサイト上に出ている商品を紹介して売上が出た場合に報酬が貰える楽天アフィリエイトというものを実施しているわけですが、楽天内の店舗同士での競争が激しく、その辺の実店舗やテレビの通信販売のクライマックスで発表される値段より断然安かったりしますし、楽天のネームバリューも伴って、自分のサイトに掲載すると結構売れるわけです。
楽天アフィリエイトのページ

直接楽天だとポイントで、ASP経由だと現金で


そんな楽天アフィリエイトなのですが、楽天で直接申し込みをすると、もらえる報酬は楽天で使えるポイントなのです。

ところが、楽天は、A8.netValueCommerceトラフィックゲートといったASP(アフィリエイト サービス プロバイダ)のクライアント企業となっており、こちらで申し込むと、実は現金で報酬が貰えます

「おぉ、現金の方が良いじゃん?」と思ってしまいますが、実は一長一短です。
これが悩みどころです。

一長一短


提携条件を漏らすとASPに怒られる可能性があるので、詳しい比較内容は書きませんが、楽天で直接申し込んだ場合の方が、もらえるのはポイントでありながらも報酬が高く設定されているものが結構あります。

楽天の方が報酬率が良い商品の場合は、楽天のポイントでもらいたいという人は多いですよね。

なので、楽天の報酬の方が高いものは楽天のポイントで、他の商品はASP経由で現金でいただいちゃうという方向もありです。
(ただし、閲覧者が、自分の紹介した商品のページからページを移動して別の商品を買った場合であっても、その報酬はもらえるというシステムなので、必ずしも思い通りにはなりませんが…)

ポイントの場合は売れば売るほど報酬が良くなるという仕組みがあったり、また、詳しい人向けの話になりますが、楽天のデータベースからプログラムで情報を引き出せる楽天ウェブサービス(API)を、ASP経由の場合は使ってはならないという決まりもあり、ややポイントでがんばる人を有利にする仕組みとなっています。

そうは言っても、やはり現金というのは魅力的ですから、方針を決める際に悩んでしまうわけですね。まあ、楽天のポイントで商品券などの換金性の高いものを買うという手もありますが…

これは私にはどちらが良いとは一概に言えません。みなさまはどちらを選びますか?

このエントリを書いて、Amazonの報酬を現金じゃなくアマゾンギフト券でもらったのが、そのままになっているのを思い出しました。
考えてみればこの手のポイントやらギフト券って有効期限がありますね。私などは読みたい本があるときにでも使おうと思っていて忘れてしまい、期限近くに勢い余って結局どうでも良いものを買ってしまうような…。気をつけましょう。
人気blogランキング | FC2 Blog Ranking | にほんブログ村 | アフィリエイト入門メインサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク
トラックバック:0 | コメント:0

| アフィリエイト入門管理人ブログ ホーム | <<前のページ 次のページ>>

広告主を見つける

>>自分のサイトの広告主を探そう
私自身は多数のASP(アフィリエイト サービス プロバイダ)に登録していますが、大手ASPで、ツール等の使...【続きを読む

スポンサード リンク

カテゴリー

最近の記事

[全記事一覧]

月別アーカイブ

タグリスト

アフィリエイト ホームページ作成 SEO ブログ Google ドメイン アクセスアップ 売上アップ コンテスト ツール PHP CGI ASP メディア 集客 ネット広告 AdSense Yahoo 情報商材 Amazon 

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お勧めアフィリエイト本

アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法
アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法

アフィリエイトSEO対策テクニック
アフィリエイトSEO対策テクニック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。